商品先物取引オンライントレード

買いでも売りでも

 商品先物取引は「買い」だけでなく「売り」からも始められます。

商品先物取引は、実際の売買代金ではなく証拠金を預託することによって取引を行うため、約束の期日までは品物を持っていなくてもよく、また商品の総代金を用意しなくても構いません。ですから、約束の期日が来るまではいつでも売ったり買ったりすることができます。
※商品の受渡しを希望する場合を除きます

買いでも売りでも

参考: 商品先物取引のリスクについて → 取引のガイド > リスク・取引の仕組み