商品先物取引オンライントレード

有価証券を有効活用

 商品先物取引は有価証券を有効に活用できます。

証拠金として預託できるのは、現金だけに限りません。株式や国公債等の有価証券を預託することも可能です(名義がご本人である必要があります)。名義変更せずにご自身の名義のままで預託できますので、配当金や値上がり損益は預託前と変わらず名義人ご本人様に帰属します。


有価証券の預け入れに際しては株式会社証券保管振替機構の証券保管振替制度「ほふり」をご利用いただくこととなります。「ほふり」をご利用いただく場合、株式会社だいこう証券ビジネスに、「充用有価証券保管振替口座」を開設する必要がございます。
※株式会社だいこう証券ビジネスは、株式会社日本商品清算機構(JCCH)より充用有価証券の管理・振替業務等を委託されています。


詳しくは下記窓口までお問い合わせ下さい。

参考: 商品先物取引のリスクについて → 取引のガイド > リスク・取引の仕組み

参考: 充用有価証券利用上の注意・価格表 → 充用有価証券について

参考: Q&A > 入出金・残高確認について > 有価証券で商品取引が始められると聞きましたが、具体的に教えて下さい。