商品先物取引オンライントレード

取引の制限について

システム運用上に関する制限事項
  • 当月限の新規注文について、東京商品取引所では現金決済商品(原油、金ミニ、白金ミニ、バージガソリンスワップ、バージ灯油スワップ、バージ軽油スワップ、ローリーガソリンスワップ、ローリー灯油スワップ、ローリー軽油スワップ)は取引最終日まで、一般大豆、とうもろこしは当限納会日の前月末営業日日中立会まで、金、銀、白金、パラジウム、ゴム、ガソリン、灯油、軽油、中京ガソリン、中京灯油、小豆は、当限納会日の属する月の14日、日中立会まで(休業日である場合は順次繰り上げ)となります。
  • 「相場ライフ」のシステムでは日次更新処理完了までの間、メニューはご利用いただけません。
    ※ 日次更新処理は午後4時00分頃に終了いたしますが、メンテナンス等により遅れる場合がございます。
  • 出金依頼をいただいた金額につきましては、出金予定額として建玉可能額より差し引かれます(出金予定額はお取引にはご利用いただけません)。また、システムの出金指示よりご依頼いただける金額は返還可能額が上限となります。
  • 建玉可能額が不足している場合の新規建玉はできません。
  • 投資可能資金額を超えるご入金があったために残投資可能資金額がマイナス表示となっている場合、新規建玉はできません。
  • 委託された売買注文の枚数は、商品取引所の建玉制限を超えることはできません。
  • 建玉制限を超えている状態においては、新規建玉はできません。
  • 商品取引所の規制により、売買制限もしくは停止となった商品の建玉はできません。
納会玉の対応について

東京商品取引所上場銘柄では、金、銀、白金、パラジウム、ゴム、ガソリン、灯油、軽油、中京ガソリン、中京灯油、小豆は、当限納会日の属する月の15日(休業日である場合は順次繰り上げ)日中立会終了までに決済をしていただきます(貴金属の受渡しを行うものを除く)。決済がない場合は、15日(休業日である場合は順次繰り上げ)夜間立会以降に弊社で強制決済させていただきます。
現金決済先物取引(原油、金ミニ、白金ミニ、バージガソリンスワップ、バージ灯油スワップ、バージ軽油スワップ、ローリーガソリンスワップ、ローリー灯油スワップ、ローリー軽油スワップ)については、取引最終日までに決済されていない場合、最終決済価格で決済されます。
一般大豆、とうもろこしは、当限納会日の属する月の1日(休業日である場合は順次繰り上げ)日中立会終了までに決済をしていただきます。決済がない場合は、1日(休業日である場合は順次繰り上げ)夜間立会以降に弊社で強制決済させていただきます。

強制決済注文の場合、建手数料に加えて一枚当り1,080円(税込)の決済手数料を頂戴致しますのでご注意ください。

証拠金不足時の建玉処分について

委託者証拠金の必要不足が発生しているお客様に対して当社より事前に取引画面上での請求の通知を行ったにもかかわらず、通知日の翌営業日正午までに不足額の入金が確認されない場合、当社はお客様の計算において建玉の全部を処分することができます。DCB、CB等により建玉の全部または一部の処分をすることができない場合は、当社は継続して(翌営業日以降も)取引が成立するまで処分をすることができます。この場合、建手数料に加えて一枚当り1,080円(税込)の決済手数料を頂戴致しますのでご注意ください。




【 参 考 】

ページのトップへ移動